How to レフェリー&マーカー
「レフェリー」と「マーカー」
スカッシュの審判は通常2人の審判がいます。「レフェリー」と「マーカー」です。
大会では前の試合の勝者が「レフェリー」敗者が「マーカー」を担当する事が多いです。
レフェリーの役割
①プレーヤーのアピールの判断
レフェリーの行なった判断は、たとえ、観客またはプレーヤーがクレームを付けようとも、それが絶対です。
ただし、プレーヤーが判定についての質問をした場合は、それに答えなければなりません。

②時間のチェック

マーカーの役割
①試合の開始から終了までの、すべてのコール。
コールとはポイントの読み上げ、レット、ストロークをプレーヤーに告げることです。

②スコアシートへのスコアの記入。

「レット」と「ストローク」
スカッシュの試合では常に相手にボールやラケットがあたる危険性があります。
その危険を避けるために、スカッシュには「レット」と「ストローク」というルールがあります。
プレーヤーが、ボールを打つ時に、このまま打てば、相手にボールまたはラケットがあたる危険な状況だと判断して打つのを止めた時、「レット」または「ストローク」というルールが採用されます。
ラケットを止めたときには「プリーズ(please)」と言って、審判の判断を仰ぎます。

レット
レットとは、そのラリーを無効にし、サーブからもう一度やり直すプレーのことです。

ストローク
ストロークとは、相手のプレーヤーが邪魔でラケットのスイングが出来なかったためポイントを得ることです。

レットとストロークの違い
レットもストロークもラケットを止めることには変わりはありません。

・そこに相手がいなければ、ボールを打つ体勢をとる事が出来たかどうかは定かではないが、とりあえず打ち返す事はできたであろう時はレットとなります。

・そこに相手がいなければ、間違いなくボールを打つ体勢をとる事が出来たであろう場合はストロークとなります。

コールの仕方。
ラリーポイント11点制が採用されコールの仕方も以前とは多少変わっていますので以下の資料でご確認ください。
・マーカーのコールの仕方

Contacts:

Phone: 045-360-6873

E-mail: info@mr29.com
Copyright © 2010 Mr29.net All Rights Reserved.
          Web Design by 無料テンプレート